分子栄養療法

  • HOME > 
  • 分子栄養療法

遺伝子治療の効果を上げる分子栄養療法:オーソモレキュラー医学

オーソ=矯正・正しい
モレキュラー=分子

分子栄養療法

分子栄養学の考え方は1950年代頃から広まり、1968年には天才科学者ライナス・ポーリング博士、精神科医エイブラハム・ホッファー先生によって、初めて学問として発表されました。
ホッファー先生は、全ての精神医薬は栄養に変えられると考えており、その考え方を受け、ポーリング博士は、「分子整合精神医学」と題した論文をサイエンス誌に発表したのです。
分子栄養学とは、「栄養を用いて細胞を元気にする医学」です。
私たちの身体は、60兆個とも言われる細胞からできており、様々な病気や身体の不調は、細胞の機能低下によるものであるから、細胞に焦点を当てるべきという考え方です。
人間は、生きていくために必要な栄養を外部から取り入れる、従属栄養生物です。 体内で作ることが出来ない栄養素がとても多く、必須アミノ酸や必須脂肪酸など、食事から取り入れることで生命活動を維持しています。人間は、栄養が簡単に摂取できる環境の中で生存することができ、そのため必要な栄養を外部委託することで体内のメカニズムを軽くし、進化を遂げてきたと言われています。
進化の過程で、哺乳類はビタミンC以外を作ることができなくなり、人間はビタミンCすらも作ることができなくなりました。
(ビタミンB,D,Kは体内で作ることも可能ですが、十分な必要量を作ることはできません)

エイブラハム・ホッファー医師は、著書の中で現代の食事をこう表しています。

「①人工的で②死んでいて③有毒で④単調で⑤外国産で⑥食べる量が過剰である。」
現代はとても便利な社会であり、様々な種類の食べ物が手軽に手に入ります。 それなのにも関わらず、私たちには栄養が不足し、病気を引き起こします。
保存のために加熱処理、殺菌がなされ、添加物が含まれ、本来の食物に手が加えられ、見た目や味を加工している食材が数多く販売されています。
そして粗悪な食品を食べ過ぎ、肥満や糖尿病などの疾患が大きな問題になっていると記されています。
飽食の時代にも関わらず、多くの人に栄養が不足している現状があります。 「ミネラルが不足しているからサプリメントでミネラルを補充すれば良い」という考えだけではなく、「なぜ不足してしまうのか?」という根本原因を考え、サプリメントが必要なくなる身体にしていくことが大切です。
分子栄養学では、身体の状態を把握するために様々な検査を行います。 ここで大切なことは、これらの検査は病名を診断するものではないということです。

個人個人の身体を知るための血液検査

血液検査一般的な血液検査では、明確な数値基準により、糖尿病や高血圧の診断が下ります。 ですが、分子栄養学では、個人個人の症状の原因を突き止めるために、検査結果に基づき様々な要因を考えます。 食事からの摂取が不十分なのか、あるいは消化吸収の問題なのか、代謝回路が廻っていないのか・・・多くの要因を考慮しながら、改善策を探ります。 血液検査やミネラル検査、尿中有機酸検査、遅延型食物アレルギー検査などを通して、一人ひとりの身体の状態を見極め、時にはサプリメントを用いながらアプローチを行います。

血液検査から読み解く

例えば、貧血の程度をみるヘモグロビンですが、分子栄養学的な見地では、鉄分やフェリチンといった項目も検査をします。
そして、頭痛はないか?ふらふらしないか?
どこか体調が悪くないか?といった何気ない問診内容をできる限り多くの血液検査から何が足りないのかを読み解き必要なビタミン類、アミノ酸を分子レベルで補給できるようにアドバイスすることで体調を整えることをサポートします。
昨今では、分子栄養学の考え方で、糖尿病や自己免疫疾患、アルツハイマー病等も改善が見込めるとされています。 例えば、血糖値の乱高下に伴う症状では、『急な眠気や倦怠感』『体重の増加』『甘いものへの渇望』『集中力の低下や抑うつ感、不安感』『中途覚醒等睡眠のトラブル』『動機・頭痛・筋肉のこわばり』といった症状から糖質の適切な摂取量や摂取方法は制限食というより糖質コントロールという考え方です。

血糖値の安定化はがんの住みにくい身体づくりの基本

米やパンなどの糖質を摂取することは、血糖値を上昇させます。通常であれば穏やかに上昇し低下します。
ところが栄養や代謝の乱れがあるときには、通常量の糖質摂取において血糖値が乱高下することになり多くの症状の原因になります。

がん抑制遺伝子RBのメタボリック機能

がんという病気の原因の一つは、『代謝系』の異常から遺伝子的なスイッチにオンが入るのです。
これはがん細胞の周辺組織の環境に関与しています。自身の生息域が低酸素状態や低体温状態に適応するために嫌気的解糖系を使い生き延びるための特異的代謝を使います。上の図のRBがん抑制遺伝子のメタボリック機能に深く関係しています。がん治療において分子栄養学的な観点が必要な理由はここにあります。RBがん抑制遺伝子は、ミトコンドリアの機能やミトコンドリアのコピー数を制御します。ミトコンドリア機能を司る遺伝子群の発現やオートファジーを制御しているのです。
一方では、がん細胞は嫌気的解糖系を使うために燃費の悪いエンジンを持った車のようなものですからエンジンを回すために謂わばガソリン役のブドウ糖やグルタミン酸を正常細胞よりも圧倒的に必要とします。ブドウ糖やグルタミン酸の取り込みためにがんの原因遺伝子となる『Myc』や『Ras』、『mTOR』といった遺伝子を使い始めるのです。
Cdc6shRNA、p16、PTEN,、P53、GSDME、EZH2shRNA、KLOTHO, GATA3、MSK1:8種複合遺伝子治療を効果的にするためにも分子栄養学的な見地から食事のコントロールを指導する必要があるのです。

タンパク質の最適な摂取

私たちの体は、骨・軟骨・筋肉・腱などタンパク質が中心となり構成されています。また私たちの体を機能させ調節する酵素やホルモン、さらには心の状態を整える神経伝達物質などの多くもタンパク質が材料となります。 体の中にあるタンパク質は常に入れ替えが行われており、毎日必要十分量を補充することが必要です。通常の食事では、必要量を賄うことが困難なことが多く、新しい組織などを体内で合成することが出来なくなります。 食事からのタンパク質量の摂取を増やすことで、胃や腸の不調を感じる場合には、消化酵素を利用し、サプリメントとしてプロテインやアミノ酸を用いて補充することも必要です。

タンパク質の入れかえにトラブルが伴う症状

  1. 疲れやすい
  2. 皮膚、爪、髪の毛などのトラブル
  3. 風邪をひきやすいなど免疫の低下
  4. むくみやすくなる

がんは生活習慣が引き起こすことが圧倒的に多い

分子栄養療法の3つ目のポイントは、「生活習慣」です。 睡眠や運動、さらには日常のストレスなどは、栄養の代謝に大きく影響します。気温、気圧、湿度などの変化は体に大きなストレスになることが知られていません。また日常において集中して行っている作業も知らず知らずのうちにストレスになっていることが多くあります。 いずれのストレスも栄養素の消費量を増やすことになるため、栄養欠乏を引き起こす原因になります。血液検査では、身体へのストレスの影響を知ることができます。 睡眠リズムの確保や一般的なストレスのマネージメントだけでなく、オーソモレキュラー栄養療法では代謝へ影響をおよぼす日常の生活習慣に関わるストレスについても気づきを提供し、栄養素の消費量を減らすことを重要視します。 がんは家族性の遺伝的原因もありますが、圧倒的に生活習慣による代謝の乱れやストレスが作りだす活性酸素による遺伝子に対する傷・ダメージといった原因は遺伝的原因の10倍以上といわれています。

ストレスマネージメントについて

  1. 血液検査データからストレスの影響を評価します。
  2. 栄養障害はストレス耐性を下げるため、ストレスの影響を強く受けることになります。
  3. 日常生活に潜むストレスを見つけ出し対応する方法を探します。

活性酸素が遺伝子を傷つける:ストレスは活性酸素を生み出す

活性酸素が増え過ぎる条件

白血球が異物をやっつける武器は活性酸素です。また、抗がん剤も強力な活性酸素です。本来、活性酸素には異物などから体を守る働きがあります。しかし、逆に活性酸素が増え過ぎると、正常な細胞まで攻撃してしまい、病気や老化の原因になります。 ここで、活性酸素が大量に発生する原因をまとめてみます。

  1. ストレスが溜まったとき、または開放されたとき
  2. 炎症がおこった際に、白血球が感染源に対し攻撃したとき
  3. 激しい運動をしたとき
  4. 農薬・除草剤または薬物が体内に入ったとき
  5. 紫外線を長時間浴びた時
  6. 手術で、止血していた場所に血液が流れ込んだとき(再還流)
  7. レントゲン・CT・MRIなどの検査をしたときき
  8. 抗ガン剤を投与されたとき
  9. 電磁波・超音波にさらされたとき(長時間のパソコンの作業など)

上記以外にも、身近なところでは、煙草の吸い過ぎやお酒の飲み過ぎ、または糖質の取り過ぎがあります。特に、過酸化脂質の食品(冷凍食品・油で揚げたスナック菓子・インスタントラーメン・串カツなどの揚げ物)を多く食べる現代人は、体内で多くの活性酸素が発生します。

異物の攻撃して殺してくれる意味では、活性酸素は体にとっては必須な物質です。しかし、それが増え過ぎると正常な細胞まで攻撃してしまい、自己免疫疾患などを発症する場合があります。
活性酸素が大量に発生することがおこった場合でも、病気の発生する場所は人によって違います。例えば、活性酸素の攻撃で目が悪くなる人がいれば、頭髪が禿げてしまう人もいます。また、関節炎になる人もいます。
このような違いが生じるのは、体外から侵入してきたウイルスや化学物質、または体内に常在している細菌や毒素は、その人の弱い臓器・器官に溜まるからです。
その弱い箇所に存在する異物を、顆粒球が活性酸素を用いて攻撃します。その攻撃は正常細胞にまで及びます。ようするに、異物が溜まる場所が人によって違うので、病気が発症する場所に違いが生じるのです。
異物を攻撃する際に用いる活性酸素により、攻撃を受けた正常細胞は傷つきます。細胞が傷つくということは「細胞の中に存在する遺伝子(DNA)が傷つく」ということを理解してください。 遺伝子(DNA)が傷ついてしまうと、細胞の修復・復元能力が低下してしまいます。病気とは、細胞が正常に復元できない状態であると認識してください。

点突然変異;Ra s(ラス)と呼ばれるがん原遺伝子ではわずか1カ所のアミノ酸の置換で発がん

8種がん抑制遺伝子複合治療の効果を上げるために

分子栄養療法治療ががんの住みにくい身体を作ります。

60種類以上の血液検査結果にもとづいて、タンパク質やビタミン・ミネラルの代謝、腸内環境、有害金属の影響、副腎疲労の程度などを評価します。

食事指導

食事日記をつけてもらい、食事内容や食事のとり方の見直しをします。 グルテンフリー・カゼインフリーを基本とし、糖質制限は症状に合わせて行います。

腸内環境改善・デトックス

プロバイオティクスの投与、症状により抗菌効果があるサプリメントの使用、チオール含有食品の摂取など。 大型魚の過度の摂取は控えるようにします。

腸内環境改善について詳しくはこちら

サプリメント

病状や予算に合わせて、必要なサプリメントのアドバイスを致します。 例)アトピー性皮膚炎:乳酸菌、消化酵素、グルタミン、ビタミンA、亜鉛、ヘム鉄

点滴・注射

症状に合わせて行います。 グルタチオン点滴:重金属デトックス、化学物質暴露、パーキンソン病、全身倦怠感の改善

多岐にわたる細胞内の遺伝子シグナルの伝達に対して多角的に楔をうち込む8種がん抑制遺伝子治療
 
一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 03-6820-1540お電話でのお問い合わせ 03-6820-1540 メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ