先端ハイブリッド治療による新しい抗加齢・がん治療先端ハイブリッド治療による新しい抗加齢・がん治療
先端ハイブリッド治療を導入される医院様へ先端ハイブリッド治療を導入される医院様へ

CONCEPT先端ハイブリッド治療ナビゲーション
コンセプト

私たち先端ハイブリッド医療ナビゲーションは、日本及び世界各国における先端的な細胞医薬品開発の発展及び遺伝子治療法や各種免疫療法と、これに関連する技術の発展に貢献するために表参道ヨーイークリニックに事務局本部を設置し、日本国内及び海外の大学並びに研究機関の研究者と臨床に係る医師の研究を支援し、一日も早くこのような先端的医療の技術が患者さんの利益に結びつくような橋渡しを実現するために以下の活動を行いその目的を達成する為に設立いたしました。

先端ハイブリッド治療ナビゲーションコンセプト先端ハイブリッド治療ナビゲーションコンセプト

ANTIAGING TREATMENT新しい抗加齢治療

加齢は誰にでも訪れるものです。しかし近年、さまざまな抗加齢治療が誕生しています。
いつまでも健康でありたい、QOLを維持したい、きれいでありたいというお気持ちに応えられる治療です。

クロトーアルファ

老化抑制遺伝子「クロトー遺伝子」の働きを利用することで、老化抑制および慢性腎臓病、生活習慣病、肥満、動脈硬化などの治療に役立てます。

NMN点滴

アメリカのハーバード大学で確認された若返りの効果を持つ「NMN」を、点滴により投与します。身体機能の向上だけでなく、認知機能の向上が期待できます。

幹細胞治療

患者様ご自身の身体(脂肪組織)から採取した幹細胞を培養し増殖させてから体内に戻します。自然治癒力の回復、さまざまな疾患への効果が期待できます。

NEW CANCER TREATMENT新しいがん治療

新しいがん治療も、万能ではありません。だからこそ、患者様お一人お一人に合った選択・組み合わせによって、相乗効果の期待できる複合的治療を行っていく必要があります。

遺伝子治療の入り口

がん遺伝子治療のついて、まずはじめに細胞分裂の詳細から説明致します。

がん温熱療法(ハイパーサーミア)

がん細胞が熱に弱いという特性を利用した、お身体への負担の少ない治療です。

がん免疫細胞療法

体外で強化した「免疫細胞」を身体に戻してがんを攻撃する、免疫を活用した治療です。

化学療法の効果を上げる遺伝子治療

がん抑制遺伝子を投与することで、がん抑制機構を再び機能化させる治療です。

8種遺伝子複合治療

8種類のがん抑制因子のRNAを内包したエキソソームによる治療に取り組んでいます。

薬剤耐性遺伝子

抗菌薬の発見と使用は20世紀の医学において重要なブレークスルーであり、ヒト臨床分野では罹患率や死亡率を劇的に減らした成果があります。

血管新生阻害剤(抗VEGF阻害剤)

がん細胞の成長必要な新生血管の形成を阻害する薬剤を使い、腫瘍の増殖を抑えます。

分子標的薬

がん細胞に特異的に出現する分子のみを攻撃し、がん細胞の異常な分裂・増殖を抑えます。

分化誘導療法

「DNAメチル化酵素」をコントロールして、「がんを抑える遺伝子」のスイッチをオンに戻す。遺伝子治療にとって分化誘導療法は重要な治療方法になります。

リキッドバイオプシー

血液・尿・唾液・脳脊髄液・心嚢膵・胸水・腹水・便などを用い、がんの超早期発見を目指します。

オブジーボ

T細胞のPD-1と結合して免疫の働きにブレーキがかからないようにする「免疫チェックポイント阻害薬」です。

分子栄養療法

ビタミンやミネラルといった栄養素の適切量を分子レベルで計算し、身体に取り入れる治療です。

腸内フローラ検査

腸内の細菌が種類ごとにかたまりになって棲息している「腸内フローラ」のバランスを調べます。

インスリンとKLOTHO遺伝子

KLOTHO遺伝子治療でインスリンの抵抗性を改善する働きがあります。

がんの食事療法

栄養状態の見直しによって代謝の促進、免疫力の向上を図ることで、がん体質を改善します。

CASE症例

乳がん
2022.08.03
乳がん
膵臓がん
2022.08.03
膵臓がん
胃がん
2022.07.28
胃がん
肝臓がん
2022.06.15
肝臓がん

SECOND OPINIONセカンドオピニオン遺伝子治療相談窓口

遠藤 陽一 Dr

遠藤 陽一 Dr

ホームページ

最新の画像データ検査資料でまず相談を!

表参道ヨーイークリニック 遺伝子治療相談室

TEL 03-6820-1540

〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラジオタワー11F

セカンドオピニオンのお問い合わせセカンドオピニオンのお問い合わせ

FEATURES先端ハイブリッド治療ナビゲーションの特徴

先端ハイブリッド治療ナビゲーションの特徴をご紹介します。

オンライン診療によるセカンドオピニオンオンライン診療によるセカンドオピニオン

オンライン診療によるセカンドオピニオン

「本当にこの治療でいいのだろうか」「十分なインフォームドコンセントが行われない」というときには、積極的にセカンドオピニオンを利用しましょう。当院では、オンライン診療でのセカンドオピニオンにも対応しています。

標準治療以外の先端がん治療標準治療以外の先端がん治療

標準治療以外の先端がん治療

がん温熱療法(ハイパーサーミア)、がん免疫細胞療法、化学療法の補助的治療としての遺伝子治療、血管新生阻害剤(抗VEGF阻害剤)の導入などをはじめとする、さまざまな先端がん治療を行っています。

抗加齢治療抗加齢治療

抗加齢治療

クロトアルファ、NMN点滴、幹細胞治療といった、新しい抗加齢治療を行っています。医学的根拠のあるもののみを取り扱い、治療開始前には入念な適応の判断を行います。

クリニックに向けた最先端治療の提供クリニックに向けた最先端治療の提供

クリニックに向けた
最先端治療の提供

地域の各クリニックに向けて、当院で行う最先端治療を積極的に提供しております。また必ず、綿密に連携しながら、クリニックを受診する患者様が安心して通院できるよう継続的にフォローいたします。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 03-6820-1540お電話でのお問い合わせ 03-6820-1540 メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ